平成Q太郎の旅ブログ

旅行、エアライン、ホテル、雑感など書いていきます

【テーマ外】iPhone 11 日本版と香港版/海外版を比較(LTEバンド中心)

f:id:qtaro-oratq:20190911194540j:plain

本ブログのテーマ外ですが、先日発表されたiPhone 11, iPhone 11 Pro, iPhone 11 Pro Maxの日本モデル(日本版)と香港モデル(香港版)の差異を、特に通信に関係する領域においてまとめました。なお、備考的にアメリカ版も載せております。

各国のモデル番号

 

iPhone 11

iPhone 11 Pro

iPhone 11 Pro Max

日本

A2221

A2215

A2218

香港/中国大陸

A2223

A2217

A2220

アメリカ

A2111

A2160

A2161

なお、日本のモデルが一般的にはグローバル版と呼ばれております。 

型番の違いにおけるハードウェアの差異

なぜ日本モデルと香港モデルを比較するかと言うと、ハードウェアに差異があるからです。以下が大きな差異となります。

・SIM:香港/中国大陸モデルは物理SIM2つ、その他のモデルは物理SIM+eSIM、

・カメラ:日本/韓国ではシャッター音あり、他モデルはシャッター音なし

・通信帯域:対応している通信帯域に差

SIMとカメラは一目瞭然ですが、通信帯域については難しい領域です。次に通信帯域について書きます。

通信帯域について

今は4G-LTEが主流になっており、各国・各キャリアがそれぞれの通信帯域を使っています。香港モデルを買っても、日本の各キャリアが主力として使っている帯域(以下LTEバンド)に対応していなければ、日本で快適に使えません。

iPhone 11が対応するLTEバンド

f:id:qtaro-oratq:20190911194001p:plain

この表で分かる通り、今回日本で使用する上で問題になるのは「バンド11」「バンド21」「バンド28」の3つです。こちらについて詳しく記載します。 

バンド11・バンド21

1500MHz帯(1.5GHz帯)にあります。日本ではLTE通信のために使われていますが、この領域を通信帯域として提供している国は少ないようです。

バンド28

700MHz帯にあり、全キャリアで使われています。低周波帯にあることから屋内などでも電波が届きやすく、800-900MHz帯とともにプラチナバンドと呼ばれる場合があります。ただし、これも海外ではあまり使われていません。日本では比較的新しい通信帯域で、地デジに移行しこの領域を携帯用に転用したようです。

実際にどの程度使えないのか:帯域から考える

バンド11、21、28について理解しましたが、結局どのくらい使えなくなるのかわかりません。そこで、数値をもって全体像を理解するため、主要キャリアがとの程度の通信帯域が割り当てられていて、うち上記3つのバンドはどの程度該当するのかを比較します。 

 

総割当帯域

使用不可帯域

使用可能帯域

docomo

240MHz

50MHz

190MHz(79%)

au

190MHz

40MHz

150MHz(79%)

SoftBank

220MHz

40MHz

180MHz(82%)

香港モデルでは80%の帯域は使えます。

実際にどの程度使えないのか:基地局数から考える

帯域の数値を理解したあとは、該当帯域における4G/LTEの基地局数を紐解きます。

 

総数

使用不可

使用可能

docomo

202,400

32,900

169,500(84%)

au

119,100

17,300

101,800(85%)

SoftBank

126,500

10,600

115,900(92%)

香港モデルでは85%程度の基地局が使えます。

結局香港モデルは買いなのか?

普通に日本に暮らしている人には不要ですが、私のように物理デュアルSIMを求めている人からすれば魅力的です。帯域・基地局数を一定捨ててまで欲しい場合は買いだと思います。

値段を比較する

最後に、各国における本体価格(税抜)を比較します。なんで最後か?というと、この記事を読む人からすれば優先度は低いからです。(笑)

 

iPhone 11

iPhone 11 Pro

iPhone 11 Pro Max

日本

¥74,800

¥106,800

¥119,800

香港/中国大陸

HK$5,999

≒¥82,500

HK$8,599

≒¥118,200

HK$9,499

≒¥130,600

アメリカ

$699

≒¥75,300

$999

≒¥107,700

$1,099

≒¥118,400

消費税を考慮しなければ、実は日本での販売価格はアメリカ同等でかなり安いことがわかります。

まとめ

本ブログは旅行やマイルに関するブログですが、今回自分で調べてかつあまり情報が発信されていない、ニッチな領域である、iPhoneの対応バンドについて記載しました。iPhoneが発売されるたびに各モデルにおける対応バンドが気になっていて調べていたのですが、今回はブログを開設していことから、公開してみました。

なお、本記事における間違い等については一切責任を取りませんのでご留意ください。

参考資料

https://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000177635

http://www.soumu.go.jp/main_content/000552764.pdf

https://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/support/unlock_simcard/201505/band.pdf

https://simfree-pc.net/docomo-band-summary/

https://www.kddi.com/yogo/%E9%80%9A%E4%BF%A1%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9/1.5GHz%E5%B8%AF.html

https://www.wdic.org/w/WDIC/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%8911%20%28LTE%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%29

https://www.wdic.org/w/WDIC/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%8921%20%28LTE%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%29

https://www.wdic.org/w/WDIC/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%8928%20%28LTE%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%29

https://dream.jp/mb/tips_m/sim03.html

https://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000177635