平成Q太郎の旅ブログ

旅行、エアライン、ホテル、雑感など書いていきます

【マリオット】シンガポールで宿泊するべき12ホテルを大調査!

f:id:qtaro-oratq:20190222092723j:plain

2019年GWにモルディブへ行きますが、経由地であるシンガポールはどこに宿泊するべきか考察してみます。(本記事は2019年3月中旬に更新しました)

マリオット系列に宿泊する経緯

こちらの記事で紹介した通りSPG AMEXを使っており、ホテルに宿泊する際はなるべくマリオット系列を選んでいます。(SPG AMEXは紹介からが一番多くポイントがもらえます!紹介ご希望の方はこちらから)

シンガポールは実に12ものマリオット系列のホテルがあります。有償での宿泊、ポイントでの宿泊、両面からどのホテルに泊まるべきか考察します。

シンガポールにあるマリオット系列の一覧

ホテル名称
ブランド
カテゴリ
ポイント
オフピーク Standard ピーク
Wanderlust, a Member of Design Hotels Design Hotels 4 20,000 25,000 30,000
Four Points by Sheraton Singapore, Riverview Four Points 5 30,000 35,000 40,000
Courtyard Singapore Novena Courtyard 5 30,000 35,000 40,000
Le Meridien Singapore, Sentosa Le Meridien 5 30,000 35,000 40,000
Sheraton Towers Singapore Sheraton 5 30,000 35,000 40,000
The Vagabond Club, Singapore, a Tribute Portfolio Hotel Tribute Portfolio 5 30,000 35,000 40,000
The Warehouse Hotel, a Member of Design Hotels Design Hotels 5 30,000 35,000 40,000
Singapore Marriott Tang Plaza Hotel Marriott 6 40,000 50,000 60,000
The Westin Singapore Westin 6 40,000 50,000 60,000
W Singapore - Sentosa Cove W Hotels 6 40,000 50,000 60,000
JW Marriott Hotel Singapore South Beach JW Marriott 7 50,000 60,000 70,000
The St. Regis Singapore St. Regis 7 50,000 60,000 70,000

ザ・リッツ・カールトン・シンガポールはマリオット公式HPから予約できますが、マリオットボンヴォイの会員プログラムに参加しておらず、ポイント宿泊は出来ません

2019年3月時点ではカテゴリー4が1施設、カテゴリー5が6施設、カテゴリー6が3施設、カテゴリー7が2施設となります。

これだけあるとどこに宿泊するべきか迷いますよね。今回は1泊で、シンガポール初訪問となる妻のために主要な場所を観光することになります。主要な観光地に行きやすく、かつ駅や空港からのアクセスが良好な場所に泊まりたいです。宿泊数が短い、初めてのシンガポール、またはシンガポール初心者の方で、友人同士やカップル(ファミリー以外)向けに、表という形で整理しました。

値段・単価や利便性を比べてみる

ブランド

値段

(SGD)

PT単価

地域

観光利便性

駅チカ

空港アクセス

(円/pt)

タクシー

地下鉄

Design Hotels

-

-

Raffles

       

Four Points

$253.06

0.59

Riverview

17分

25分

Courtyard

$287.19

0.67

Novena

2分

25分

70分

Le Meridien

$413.13

0.97

Sentosa

       

Sheraton

$356.63

0.84

Scotts Road

6分

25分

65分

Tribute Portfolio

$329.56

0.77

Jalan Besar

7分

20分

45分

Design Hotels

$441.38

1.03

Riverview

17分

25分

Marriott

$495.52

0.81

Orchard

3分

25分

60分

Westin

$519.06

0.85

Downtown

3分

20分

60分

W Hotels

$469.62

0.77

Sentosa

       

JW Marriott

$495.52

0.68

Downtown

4分

20分

55分

St. Regis

$529.65

0.72

Orchard

12分

25分

70分

※値段は2019年GW某日、キャンセル不可の最安値、サ・税込、1SGD=82円にて換算、2019/3/2時点

表にまとめると考えがスッキリします。今回はCourtyard Singapore NovenaThe Westin SingaporeJW Marriott Hotel Singapore South Beachの3つに絞り込みました。

なお、今回はセントーサ島のホテルを検討から除外しています。セントーサ島はシンガポール内にあるリゾートであり、リゾートホテルに泊まりたい方やファミリーや向けで、主要観光地からのアクセスが悪く、今回の趣旨とは違うことから除外しました。

有償で宿泊する場合

有償×利便性で考えるとCourtyard Singapore Novena(コートヤード・シンガポール・ノベナ)が最有力候補になります。2番目に安くどのホテルよりも駅チカです。North South Line(南北線)のNovena駅にほぼ隣接しており、Novena駅から主要観光地は30分未満で行けます。空港から地下鉄を使って行こうとするとやや遠いですが、きっとタクシーを使う(笑)ので大丈夫でしょう。とりあえず予約可の部屋を予約し、セールまたはLook No Further(ベストレート保証)を狙いたいと思います。

なお、当初は最安値であるFour Points by Sheraton Singapore, Riverview(フォーポイントバイシェラトン・シンガポー・リバービュー)での宿泊を検討していました。検索すると駅からのアクセスが非常に悪いことが判明したため、泊まらない予定です。

ポイントで宿泊する場合

ポイント単価と利便性を考慮すると、ダウンタウンにあるThe Westin Singapore(ウェスティン・シンガポール)、JW Marriott Hotel Singapore South Beach(JWマリオット・ホテル・シンガポール・サウスビーチ)の2つが有力候補になります。マーライオンには徒歩圏内で、マリナベイサンズには2駅です。Singapore Marriott Tang Plaza Hotel(シンガポール・マリオット)も利便性は良いのですが、オーチャードは観光よりショッピングが有名であり、ショッピングにあまり興味がなく候補から外しました。

結局どうするのか

3月上旬に新カテゴリーへ移行するとともに、ポイント宿泊のオフピーク、スタンダード、ピークのシーズン別料金が導入されます。2019年GWのシンガポールはどこに当てはまるのか、確認した後に決めたいと思います。決めたらまたブログにて報告します!

まとめ

今回は著者の事情に合わせたホテル選びとなりました。違うニーズの場合はそれぞれのニーズに合わせて検索し、ニーズに合ったマリオット系列に宿泊しましょう!SPG AMEXの紹介をご希望の方はこちらから(笑)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!平成Q太郎の旅ブログを引き続きよろしくお願いします。